見通し

トライアルで作成した訳文の見直しは、しっかりやったので、とりあえず反省と振り返りは終了します。

次は、もっと余裕を持って取り組めるように、定訳表現、書き方のルール、メールの作成など、あらかじめ調べて準備できるものはなるべくしておこうということで、とりあえずメールの定型文は作成しておきました。

定訳表現などに関しては、特許翻訳道場というサイトを利用して勉強していて、専門分野は違いますが、訳し方のパターンや共通する用語、自然で分かりやすい表現など、参考になることは、たくさんありそうなので、ここで学んでから、次のトライアルを受けようと思ってます。10月の頭には受けたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です