P&G特許続き

今まで正しいと思いこんできた意味など

あらためて調べてみると間違っていたり勘違いしていることがありますね。

あやふやなものは全て確かめるくせをつけようと思います。

言葉も調べだすと、きりがないので、

ある程度は見切りをつけて、

要領よくいかないといけないと思いますが、難しいところですね。

一つ調べたらそれに関連した事柄もたくさん出てくるので

調べものに結構時間をつかってしまいがちになります。

最初は仕方ないと思いますが、

だらだらせず、なるべく早くできるよう意識していきたいです。

トライアル関連

トライアルと実ジョブは全く別物として考える必要があるんですね。

トライアルは量が多くなく、時間もあまり関係なくじっくり正確に訳せればいいけど、

実際の仕事は比べ物にならないぐらいの量を期限内にこなし、

クオリティも保たないといけない。厳しい世界ですね。

だから、しっかり鍛えて準備しておかないといけないです。

 

目指すべき理想は一日10000ワード処理できるようになること

分担作業を必要としないぐらいの超プロ級レベル。

プロとしてやっていく最低ラインの標準ケースが一日2000ワードで

これを処理できないと使いづらい印象を受けてしまう。

多いのが500~800ワードで、使い物にならない問題外とのこと。

 

見通しとしては、内容理解を中心にしっかり訳せるようになり、

それからどんどんスピードを上げていって、

トライアルを受ける前に、2000ワード処理できるぐらいまで練習しておく。

時々は4000~5000ワードにも挑戦したりして、

しっかり同じクオリティを保持できることも確認します。

P&G特許続き

P&G特許の続きをやっていきました。

請求項の対訳が終わりましたが、

その先もまだ結構ありますし、

どんどん進めていかないと。

理解できない言葉や概念は面倒くさがらずに

しっかり調べて、資料とかもプリントアウトしてまとめようと思います。

それにしても、レーザープリンターって早いですね。

とりあえず、当面はP&G特許やって、

なるべくさっと終わらせて、3M特許に進んでいこうと思います。