対訳の続き

P&G明細書の続きを読んでいますが、

最初に手をつけていたのに、完了させないまま、

並行して関連の明細書読んだりしてましたので、

とりあえず中途半端なことはせず、

一つきっちりと丁寧に終わらせた方がいいですね。

そのあとに振り返ってみて、書き方とかも含めて整理して、

いったん自力で英語を訳してみようと思います。

 

ところで、読んでいますと、

中身をあまり理解せずに訳しているのか

意味が違っていたり、かなり分かりにくい箇所があったりするので

そのまま正しいと思い込んだらダメですね。

漢字ミスもたまにありますし、

メモリや用語の登録は、しっかり調べて裏をとります。

 

でも、時間が制限されているような緊張感の中だと、

少々雑になったり、普段はしないようなミスもしてしまうんでしょうね。

プロには許されないと思いますが。

 

 

 

 

 

 

“対訳の続き” への2件の返信

  1. 公開訳文にはしょぼいものも沢山あると思いますが、
    余裕の無い状態で自分がそうならないようなスキーム
    を学習段階から意識するのは大切だと思います。

    あと、1件コンプリートできないと、その先は
    無いと思ってください。

    翻訳スクールの細切れテキストだと、やれた気になりますが
    問題はスルーで翻訳したときに、公開訳文を超えているか、
    それを規定日数で処理できたか、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です