P&G特許

ヒドロキシル末端 ジオルガノポリシロキサンとSiH含有ジオルガノポリシロキサンとの脱水素反応により有機スズ化合物の存在下で硬化する縮合硬化型オルガノポリシロキサン組成物ですが、

脱水素反応dehydrogenation reactionは

脱水反応dehydrationの間違いだなと勝手に思ってしまいましたが、

念のため調べてみますと、脱水素縮合反応もあって、

脱水素反応で正しかったです。

下の方で脱水反応dehydration reactionもありますので、

しっかり分けて使われています。

決めつけずに裏付けをとらないといけないですね。

それから、a hydrolyzable organosilaneですが、

organopolysiloxaneが連発しているので

siloxaneかなと一瞬思いましたが、別物のsilaneですね。

hydrolyzable organosilane 加水分解できるオルガノシラン

シランで調べてみて、加水分解関連しっかりありました。

これは、おそらくシランカップリング剤のことを言っているんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です