特許判例データベース

調べたい分野の書籍や言葉があれば、特許データ判例データベースにアクセスして、関連の発行物を調べると効率が良いということを学びました。

特許判例にあるのは定評があり、信用できるということですね。

図書館で探し、なければ予算でとりよせてもらいます。

また記載されてる企業、団体などからも有益な情報が得られて、会社の製品カタログも用語の確定には使えたりするということを知りました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です